社員構成

社員は飯山市をはじめ、近隣の中野市、飯綱町、長野市、須坂市から通勤しています。

高校・専修学校・大学新卒者をはじめ、卒業後に他企業での勤務を経て入社した社員が活躍中です。

職種
技術者職員:男性19名
品質・安全管理職:男性1名、女性1名
技術事務職:女性1名
総務・営業:男性2名、女性2名

仕事と子育ての両立を支援!

  • 社員・扶養家族の出産祝い金支給に加え、扶養家族手当も含めて子育てを応援しています。
  • 保育園送迎や通院等、家族のために半日単位の有給休暇が取得できます。
  • 子供の発表会・運動会・授業参観等に参加できるよう、有給休暇取得を認めています。
  • 日曜日・祭日に加え、毎週土曜日を子育て支援休暇として完全週休2日制としています。

働きやすさへの取り組み

労働安全衛生マネジメントシステムの国際規格「ISO45001」を、2023年9月に取得

職場において、安全な労働環境を整えるための取り組みとして、「土木構造物及び建築物の施工」「産業廃物の中間処理」の認証範囲において、適応規格の要求事項に適合していることが証明されました。

女性も働きやすい職場です

弊社は長野県の「社員の子育て応援宣言」登録企業です。
2023年7月に、女性職員が産前産後、育児休暇を経て職場復帰しました。復帰後は時短勤務制の適用や、柔軟な有給休暇の利用を推奨支援しています。

働きやすい工夫がいろいろ! 工事現場のご紹介

工事現場には各種パネルを設置して「週休2日」で工事を実施していることや、熱中症予防の注意など、安全な働き方についてなどを告知しています。トイレは男女別に用意され、女性用には暗証番号入力式の鍵もついています。

社員紹介

北川祐輔 工事課長
2011年入社

警備会社などを経て、本木建設に入社しました。自分は飯山市出身で、本木建設が手がける道路工事を身近に見ていて、興味を持っていました。当時は28歳で、家庭を持ち子供の将来を考えての転職でした。

専門知識も資格もないところからスタートし、現場で実務経験を積み、会社の支援も受けて、国家資格である1級土木施工管理技士を取得しました。入社4年後には工事課長に就任し、北陸新幹線 飯山駅東口広場の大規模整備工事の際は、現場代理人を努めたことを誇りとしています。

現在は公共工事の現場代理人、主任技術者、監理技術者を務め、北陸新幹線の消雪基地の維持修繕やリニューアル工事も担当しています。また、大型特殊免許も会社の支援により取得し、冬は除雪車オペレーターとしても奮闘しています!

転職後は人と関わることが多くなり、高校時代に培った柔道精神「勝者を称え敗者を労う心」を活かして接するようにしています。地元の人に喜んでもらうことがやりがいにもなっていますね。

昨年、念願のマイホームを新築しました。妻と4人の子どもたちの笑い声を励みに、日々努力しています。

就業時間・福利厚生・休日休暇・給与

就業時間8:00〜17:00 (休憩90分)
休日休暇土曜・日曜・祝日・会社休暇(年末年始、夏季休暇)、有給休暇/年間休日数126日(令和5年の場合)
福利厚生各種社会保険(健康、厚生年金、雇用、労災)、退職金制度、
職務手当、通勤手当、資格手当等、社員研修旅行(2年に1度)、社員による互助会制度
各種支援資格取得研修支援
給与技術系:180,000〜430,000円
事務系:150,000〜250,000円
昇給年1回
賞与年2回

社員研修旅行

2年に一度の社員研修旅行では、社員アンケートにより行き先を決めています。
旅行費用は会社が全額負担。過去には海外に行ったことも!

ゴルフコンペ

平成元年(1989年)より続いているゴルフコンペは春・秋の2回開催。今年2023年に67回目を迎えました!
従業員同士の親睦としてはじめたコンペは、いまでは協力会社の方々も参加。総勢40名もの楽しいイベントです。

現在募集中の職種

技術系職員を募集中です(男女問いません)

詳しくは採用担当 綿貫までお問い合わせください

メールでお問い合わせ
または、お電話(0269-62-3311)で、お気軽にご連絡ください。

インターンシップ実施中!

建設会社で職場体験をしてみませんか? 株式会社 本木建設ではインターンシップを実施しています。

1日(9〜16時)かけて、長野県飯山市周辺の施工中の現場を見学し、仕事内容などを知っていただきます。
(公共交通機関を利用の場合は、本社までの交通費を支給します)

インターンシップご興味のある方へ
詳しくは採用担当 綿貫までお問い合わせください

メールでお問い合わせ
または、お電話(0269-62-3311)で、お気軽にご連絡ください。

長野県飯山市の移住情報

株式会社 本木建設は、長野県北部にある飯山市に所在しています。飯山市では移住相談窓口「飯山市ふるさと回帰支援センター」を2003年に開設し、移住者の受け入れを積極的に行っています。

自然に恵まれ、雪国ならではのスキー、スノーボードをはじめ、四季折々にアウトドアアクティビティが楽しめ、おいしいお米の産地としても有名です。

2015年には北陸新幹線 飯山駅が開業し、鉄道でのアクセスが便利になりました。ここ数年は30~40代の働き世代の移住者が増えています。

本木建設では飯山市と連携をし、移住者の採用も積極的に行っています。